【手作りガチャガチャ!】仕組みから作りカプセルも入れる!

今日12/28(土)は、モネスク2019年最後のレッスン!
年末のレッスンにも関わらず沢山の生徒さまに参加いただきました!
今回のワークショップクラスでは、子供達が大好きな「ガチャガチャ」を
ダンボールを使って仕組みから作り、最後には空カプセルに好きなものを入れて遊んで楽しみました!

最近ではさまざまなガチャガチャが展開されていて
そのバリエーションの幅広さと、クオリティーの高さから
大人から外国人観光客まで人気が高まっているようですね!
何が出てくるかわからない、ワクワクするような遊び心をかきたてる「ガチャガチャ」
実は、身近な素材で作ることができるんです!

⓵ガチャガチャのベースをつくる

今回はダンボール箱を用意しました。背面のカバーとなるダンボール板も用意。
カプセルが入る部屋、そして回すとでてくるハンドル(前面)を差し込む穴、ハンドルを差し込む背面部分も
あらかじめカットしておきました。
背面カバーのダンボール板をテープで貼り付けて固定します。

⓶ハンドルをつくる

ハンドルには、プラスチックのカップを用意しました
(丸形のペットボトルも使用できます、スムーズにカプセルを落とす為丸形がポイントです)
約4cmを前面のダンボール板の穴から通し、くるっと回すハンドルとします(穴は適切な直径にカットします)
カップはカプセルが余裕で入るサイズにカットします。
上から転げ落ちたカプセルがカップのスペースに入り、さらに回すことで
下に落ちる仕組みです(切り込みのサイズが大きすぎると2個以上入りやすく、
小さすぎるとうまくカプセルが入らなかったり、つまりの原因となる為程よいサイズ感が必要です!)
円形のダンボールでカップ内に壁をつくりました。

⓷カプセルを収納するスペースをつくる

カプセルを収納するスペースは、ダンボール板を斜めにし傾斜をつくることで
ハンドルのカップの穴に導きます。カップの穴のサイズとちょうど合う位置とサイズで
ダンボール板をカットします。
カプセルの取り出し口、カプセルを入れる入口は、生徒さんがデザインし
カッターナイフで講師がカットしました。

⓸実験する!

いよいよガチャガチャの準備はととのいました!
ちゃんと回してカプセルが出てくるか実験です!
ハンドルのカップの背面部分は穴から突き出して、さらにカップに付属しているフタで固定しました
(フタで固定することで、くるくるハンドルを回しても落ちにくいです)
若干の微調整をしながらも、みんな見事カプセルを回して取り出す仕組みを完成させることができました!

⓹空カプセルに好きなものを入れる

空カプセルに好きなものを入れて、遊び方を考えました!
当たりやハズレ、くじ付のカプセルや、折り紙やおもちゃをつくり景品としてカプセルにいれました!
自分たちで、遊び方を考え景品も作る!手作りガチャガチャの醍醐味でしょうか♪
仕上げに好きな色でペイントしたり、折り紙やマスキングテープで自由にデコレーションしました!

世界に一つのオリジナルガチャガチャが見事完成しました!
持ち帰り頂きましたので、ぜひご自宅でも遊んでいただければ嬉しく思います♪

本年もモネスクをご愛顧頂きありがとうございました!
また来年もよろしくお願い致します!
モネスク年末年始のお休みは12月29日(日)~1月7日(火)まで
年始のレッスンは2020年1月8日(水)16時~水曜デッサンクラスから
通常開催致します!

【土曜日】ワークショップに関連する記事