【子供のペンライトアート!】ライトで描く光のお絵描き

【幻想的な光のアート!子供たちがペンライトアートに挑戦!】

今回の土曜サイエンスアートクラスでは、【光で絵を描く】ペンライトアートを子供たちに体験いただきました!
「ペンライトアート」とは、暗い場所や夜にライトの光を使って絵を描いたり、文字を書くなど
「光の残像」を写真に残すアートです!

レッスンのはじめ
こうら先生「今日は光で絵を描くよ!」
生徒さん「どうやって~!?光で絵なんか描けるん?」

光の残像についてのレッスンですが、百聞は一見にしかず
実験の為に使用するライトから作り、早速実験を行います!

「ペンライトアート」では、光るものであれば基本描けます。
今回は小型のLEDライトを使用しました。プラスとマイナスの向きをしっかり確認しまずは電池をセットします。カラフルな色にするとより美しい作品となる為、カラーフィルムを用意しました。
生徒さんの好きな色を、先端に取り付けカラーライトの準備ができました!

いよいよ好きな絵を描いてみます!
まずはいちばん簡単な「〇」の描き方を練習をしました!
残像をイメージしながら描きます!

光の調整は、ゆっくり動かすと、光の残像が少なく暗めの仕上がりに。
明るめにしたいときは、必死にペンライトを動かします!

今回はスマホのカメラで撮影しました。
露出の時間を調整できる専用アプリも使用しながら撮影を試みました!
シャッタースピード、取り込む光の調整もどうやら作品の出来栄えに重要な要素です。

撮影した写真を見ながら、生徒さんの手の動きやライトを動かすスピードも工夫を凝らします!

つづいては虹色に輝くペンライトを用意しました!
大きく動かすと鳥の羽のような虹のような、また扇のようなさまざまな形となって美しく光ります!
貝のうずまきのような綺麗な円も描きました!


魔法使いになった気分で♪


ハートを描いてみました!

光で描く初めての体験に興奮気味の生徒さん!
お迎えに来たご家族に、早速描き方を伝授いただきました!

【土曜日・平日月謝】サイエンスアートに関連する記事